スケール除去について

ボイラーや給水パイプなど、水を扱う機材を長く使用していると、粉のようなスケール(水垢)がこびりついていきます。


これは、水分中の石灰などが堆積されたものです。

基本的に人体への影響はないのですが、堆積が続くと、パイプなどの幅を狭めることで給水効率が落ちるだけでなく、最終的にはパイプを塞いでしまうため、機材の故障の原因にもなります。

そのうえ、スケールは、水に溶けにくく、硬いことから除去が困難と言う問題もあるため、こまめにスケールの除去を行う必要があります。

東京新聞情報を簡単に請求できます。

スケールは酸に溶ける性質があるため、スケール除去にはクエン酸などを使うのが効果的ですが、家庭内の機材ならともかく、業務用の機材のスケール除去をこまめに行うのは困難なうえ、それに費やされる人員や時間などのことも考えると、非常に難しい問題となります。

そのため、特に業務用の機材に関しては、業者にスケール除去を依頼した方が効率的であるといえます。


もちろん、その分の費用はかかりますが、それによって、人員や時間を節約することができるだけでなく、スケール除去もしっかりと行ってもらえることを考えるのであれば、やはりこちらの方が適切であることは間違いありません。ただし、それは、業者が信頼できるという前提に基づいているため、業者に対する事前の調査は必須となります。
ちなみに、家庭用の機材に関しては、コストの都合上、基本的に自分で処理した方が効率的です。



場合によっては、業者を呼ぶよりも、新しく買い替えた方が、安くなる場合もあります。
家庭用の機材のスケール除去で業者を利用する場合は、浴場やキッチンなどの大規模な設備に限った方が良いでしょう。

いろいろなスケール除去が最近こちらで話題になりました。